« ケアマネさんのお話 | メイン | ケアマネの夢を現実に! »

小さな小さな赤ちゃんの心臓手術

岡山大学病院で1000グラム未満の超未熟児の心臓病手術が成功したらしいです。
今年4月にその手術を受けた女の子は3月にわずか895グラムという重さで生まれてきて、先天性の重い心臓病だと診断。
多くの人が助かってほしいという大きな願いと不安に押しつぶされそうになっていたでしょうね。
現在七ヶ月になっているその女の子、これからすくすく成長していってくれると嬉しいですよね。
医療現場で働いているとどうしても人の死に直面することがあります。
その命が小さな子供のものだと悲しみも言葉では表せないものです。
そんな中、こういう奇跡に近いことが起きるとこれから先未来の医療にもっともっと…と期待をしてしまいます。
ただ、どんなに医療が発展しても腕のいい医者がたくさん育たないと…っていうのも大きな課題ですよね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lordzoffitness.com/mt3/mt-tb.cgi/35

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2015年10月31日 01:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ケアマネさんのお話」です。

次の投稿は「ケアマネの夢を現実に!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38