« プロテインの副作用 | メイン | 汗の匂い »

遺伝する病気

親とか、先祖から遺伝する可能性のある病気ってどのくらいあるんでしょうね。

「遺伝」とはいうものの、ほとんどの疾患の原因に関与しているといわれる病気の遺伝です。
「よくある病気(コモンディジーズ)」とも呼ばれるほど比較的一般的な遺伝で
広い意味では親の責任ではないとも言えます。

発症するかどうかは、遺伝因子だけでなく環境的な因子もかかわりますが、
なにもない方がいいに決まっている。

遺伝的要因による病気を一般に遺伝病と呼ぶみたいです。
遺伝的要因が果たす役割の程度により狭義の遺伝病と広義の遺伝病に区別する、と。
なんだか難しくなってきた泣く

狭義の遺伝病にはメンデル遺伝病
(単一座位の遺伝子の異常がメンデルの法則に従って発現するもの)があって、
広義の遺伝病には染色体異常症(染色体の数や構造の異常によって起こるもの)、

多因子遺伝性疾患(複数の座位の遺伝子と環境要因が作用しあって発生するもの)が含まれます。

あ、もう分からないね。
疲れてきた。。。
もっとシンプルな報告にしなくては、書いてる本人が頭いたいわ。

今度はもっと簡潔に書きたいと思います。

とにかく、遺伝なんてなくていいし、あるならいいものだけでいいですねー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lordzoffitness.com/mt3/mt-tb.cgi/49

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年11月01日 04:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「プロテインの副作用」です。

次の投稿は「汗の匂い」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38