« 勘違い | メイン | ワックス »

贋作

テレビで時々やってましたが、「これは本物か、ニセモノか」みたいな番組があって、
時々「こ、これは本物だーー!」ってなる骨とう品とか絵があります。
今年になってゴッホの絵も「これは本物だー!」ってなったのがありました。

こうなると、今まで「へん、これはニセモノである」と言ってきた専門家たちの立つ瀬がないですね笑
きんがくも今後どうなっていくのやら。
何百年ものあいだ、どちらか分からないっていうものを、
誰がどうやって保存してたんでしょう、そこも不思議です。
とにかくニセモノ・・・かも???ってものが本物だって事が分かった例はあって、
そうなると持主は興奮しちゃうわけです。

日本のテレビ番組にもありましたよね(今も?)。
それを売る也、家宝にするなりは自由だけど、テレビなんかで出てしまうと後が大変。

そこの出演者で、戦後のものを個人のお金で買い取って持主の人へ戻した、
っていう素晴らしい話もあるくらいです、お金があるから出来るけど、
なかなか出来ないことですよねー。

逆に、ホンモノだって思っていても実は辞せモノだった、ということもあるわけで。
そうなると「家宝」になる事が多いらしい(笑)。
本物っぽいニセモノ、、、うふふ。
でもそれでいいじゃないですか、家宝ってあるといいいですよ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lordzoffitness.com/mt3/mt-tb.cgi/69

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年07月01日 00:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「勘違い」です。

次の投稿は「ワックス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38